くらし情報『故・ジャイアント馬場夫人の元子さん死去「昭和プロレスの終焉」』

2018年4月24日 17:30

故・ジャイアント馬場夫人の元子さん死去「昭和プロレスの終焉」

故・ジャイアント馬場夫人の元子さん死去「昭和プロレスの終焉」

(C)まいじつ

故・ジャイアント馬場さんの妻で、全日本プロレスの元社長だった馬場元子さんが亡くなった。

「元子さんは馬場さんと全日本プロレスを献身的に支えてきました。1999年に馬場さんが亡くなった後、看板選手だった三沢光晴ら選手のほとんどが『プロレスリング・ノア』に移籍する危機に見舞われましたが、2000年に元子さんが全日本プロレスの社長に就任し、武藤敬司らを迎え、苦しい時期を乗り越えました」(プロレスライター)

その後、元子さんは2002年に社長職を退いたが、その後も社長に就任した秋山準を支えるなど、最後まで馬場さんが作り上げた全日本プロレスを見守り続けた。

秋山はツイッターで元子さんの訃報を報じた記事を引用して投稿し、その死を悼んだ。

親族の方が大切なシリーズ中なのでシリーズ後にお知らせをと思っていたらしいのですが…今朝お聞きしました。残念です。

ご冥福をお祈り致します。 https://t.co/ZtwioEo2kc

— 秋山準 (@jun0917start) April 23, 2018

https://platform.twitter.com/widgets.js

■ 全日本プロレスを立て直した功労者

SNSでは元子さんを追悼する投稿が広がっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.