くらし情報『カラテカ・矢部太郎「手塚治虫賞」受賞の背景にある父親の存在』

2018年4月27日 19:30

カラテカ・矢部太郎「手塚治虫賞」受賞の背景にある父親の存在

カラテカ・矢部太郎「手塚治虫賞」受賞の背景にある父親の存在

(C)まいじつ

お笑いコンビ『カラテカ』の矢部太郎が、自身の住むアパートの大家さんとの交流を描いた著書『大家さんと僕』で、2018年『手塚治虫文化賞』の『短編賞』を受賞し、話題になっている。

同書は矢部が住む木造2階建ての一軒家が舞台で、2階に住む矢部と、1階に住む大家さんとのやり取りがエッセイ漫画として描かれている。読者からは「ほのぼのとする」、「大家さんとのほっこりする関係に癒やされた」など発売当初から高評価で、現在発行部数は21万部を突破している。

「お笑い芸人としてはいまいちパッとしない矢部でしたが、本人もこの本を描いて、初めて先輩芸人から褒められたと言っていました。矢部の父親は絵本作家のやべみつのりで、父親の影響を受けていたのでしょう。父親は芸人としての矢部に対しては一切、口出しをしなかったそうですが、本書が発売されたときは、うれしくて矢部に内緒で大量に本を購入していたそうです。4月25日発売の『週刊新潮』から第2期の連載がスタートしますが、今後は本格的に漫画エッセイストとして活躍していくかもしれません」(エンタメ誌記者)

■ ピース・又吉直樹を超える快挙

『手塚治虫文化賞』は朝日新聞社が主催で、優れた漫画に授与される漫画界でも名誉ある賞。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.