くらし情報『出会い系サイトで騙された!弁護士の見解は?』

2018年5月23日 16:00

出会い系サイトで騙された!弁護士の見解は?

結婚詐欺

(C)poosan / PIXTA(ピクスタ)

50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を『生涯未婚率』というが、これが年々伸びているという。2015年の国勢調査の結果、男性が23.37%、女性は14.06%に上った。この数字だけみると、男性は4.2名に1名、女性は7名に1名が生涯未婚だ。

総務省統計局発表の『人口推計』によると、20歳から54歳までのすべての年齢層で、女性より男性の数が多い。つまり、結婚適齢期といわれる年齢層では、男性が余っているのだ。

婚活というと、女性の婚活ばかりがクローズアップされるが、結婚できない男性だって当然のことながら婚活している。その際によく使うのが“出会い系サイト”だ。出会い系サイトは有料から無料まで玉石混交で、トラブルも少なくない。出会い系サイトで知り合った30歳の女性と付き合っていたというMさん(47歳・金融系勤務)がこう話す。

「知り合って1カ月後、『父が交通事故を起こし被害者への補償でお金が必要』と言われ、総額120万円ほど貸しました。しかし、あるときから連絡が取れなくなり、勤務先にも電話しましたが嘘でした」

結婚をちらつかせてお金を騙し取ったとすれば、間違いなく結婚詐欺なので、まずは警察に相談すべきだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.