くらし情報『「養子縁組あっせん法」が施行!里親制度の仕組みとは?』

2018年5月6日 10:00

「養子縁組あっせん法」が施行!里親制度の仕組みとは?

タニホ / PIXTA(ピクスタ)

タニホ / PIXTA(ピクスタ)0

男女問わず、40歳を過ぎても婚活を続ける人は少なくない。しかし、ある時期を境に「このまま相手が見つからなくても…」という気持ちに変わってくるらしい。要するに、独り身に慣れると面倒くさくなるのだ。

ただ、ひとりで子供を育てるだけの経済力がある人だと「子供だけは欲しい」と思う人もいる。これが女性の場合、精子提供してくれる男性を見つければいいが、男性の場合は里親制度を利用するのが有効だろう。

里親制度については児童福祉法で定められており、虐待や育児放棄などさまざまな事情で親と暮らすことができない18歳未満の子供に家庭的雰囲気を体験させるためのホームステイ的なものだ。

里親は『養育里親』、『専門里親』、『養子縁組希望里親』、『親族里親』の4種類があるが、最初のふたつは養子縁組を前提としていないので、子供が欲しいという人には、養子縁組希望里親が当てはまる。親族里親は、親戚の子供の両親が亡くなったために引き取る、というようなパターンだ。

この問題に詳しい東京都内の弁護士が解説する。

「里親の要件(認定基準)については、省令で定められていますが、自治体によっては独自の基準を設けているところもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.