くらし情報『丸山桂里奈の「トンチンカン発言」連発に広がる波紋』

2018年5月7日 11:47

丸山桂里奈の「トンチンカン発言」連発に広がる波紋

(C)alexei_tm / Shutterstock

(C)Shutterstock

サッカー女子日本代表の『なでしこジャパン』で活躍した元サッカー選手の丸山桂里奈が、5月6日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして出演した。その際のコメントぶりがインターネット上で話題となった。

番組では、2階のベランダから下の階に住む女性に砂をかけたとして、71歳の女性が逮捕されたことが報じられた。容疑者は砂を投げつけたが相手に当たっていないと容疑を否認しているという。このニュースに対して番組MCの田中裕二が丸山へコメントを求めたところ、「わたし、このニュース見て、砂って普通死んでるじゃないですか?でも生きてる、しっかりとした土を投げてたんですよ」と回答した。

このコメントを誰も理解できなかったからか、番組MCの太田光が「死んでる」という発言の意味について質問した。すると丸山は「乾いてる砂です。(逮捕された女性は)生きてるしっかりした土を投げてたんで、土をどこで補充してきたのかなって。乾いてるか湿ってるか、そっちが気になっちゃって」と、投げた砂についてクローズアップする発言に終始した。

この説明に田中は、あきれた様子で「はい、分かりました、落ち着いてください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.