くらし情報『山口達也の事件で触れられないジャニー喜多川社長「同様の罪」』

2018年5月7日 19:00

山口達也の事件で触れられないジャニー喜多川社長「同様の罪」

(C)271 EAK MOTO / Shutterstock

(C)Shutterstock

未成年の少女に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予の処分が下った『TOKIO』の山口達也。この前代未聞の不祥事はゴールデンウィーク中もワイドショーをにぎわせた。

そんななか、テレビでは全く触れられることのない“ある件”でインターネット上が大いに盛り上がりを見せた。それは異例の“お詫び”コメントを発表したジャニーズ事務所、ジャニー喜多川社長の同性愛(少年愛)についてだ。

「いまから30年前の1988年に、元『フォーリーブス』の北公次氏(享年63)が『光GENJIへ』(データハウス)という暴露本を出版し、ジャニーズ事務所のタブーが明るみになりました。フォーリーブスは1968年にレコードデビューしたジャニーズ事務所初期の4人組男性アイドルグループで、“ジャニーズ戦略”の原点と言っていい存在です。一方『光GENJI』は1987年デビューで、本が出版された当時、ジャニーズで最も人気のあったアイドルグループ。ジャニー社長の昼夜を問わない性的虐待を告白して、その本は発売当時センセーショナルを巻き起こしました」(芸能記者)

北氏はその後、2冊の暴露本を出版し、北氏以外の元ジャニーズタレントのなかにも、これに追随する人が出てきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.