くらし情報『なぜ「山口達也メンバー」という呼び方がされたのか』

2018年5月7日 21:00

なぜ「山口達也メンバー」という呼び方がされたのか

なぜ「山口達也メンバー」という呼び方がされたのか

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

女子高校生に対する強制わいせつの疑いで書類送検された『TOKIO』の山口達也。この事件に関する報道で関心を集めたのが“山口メンバー”という聞き慣れない呼称だった。

「SNSでは《山口容疑者だろう》、《ジャニーズへの忖度か》といった疑問が多数見受けられました」(芸能ライター)

テレビ局への問い合わせも多かったようで、“メンバー”という呼び方について説明した番組もあった。

TBSの『ビビット』では、「TBSでは書類送検された場合、原則的として実名報道はしておりません。ただ、今回は、著名人であり、社会的影響が多いことから実名報道をしております。また、すでに和解が成立しているため容疑者という呼び方はなくメンバーと伝えております」と説明されていた。

また、フジテレビの『めざましテレビ』では「メンバーという肩書を付けていたのは、被害者との示談が成立していて、逃亡の恐れがないからです。こうした場合、容疑者とは呼ばずに、社長のような肩書を付けて呼ぶようにしているのですが、山口メンバーの場合は、ふさわしい肩書がないため、メンバーと呼んでいました」としている。

■ 過去には「島田司会者」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.