くらし情報『ドクターX終了でテレビ朝日が「相棒」視聴率テコ入れを厳命』

2018年5月13日 19:30

ドクターX終了でテレビ朝日が「相棒」視聴率テコ入れを厳命

ドクターX終了でテレビ朝日が「相棒」視聴率テコ入れを厳命

(C)まいじつ

テレビ朝日のシリーズドラマ『相棒』のキャストを巡って、新しい相棒役の選定が急がれているという。

3月末で終了したseason16では、主人公の杉下右京水谷豊)の相棒には冠城亘として反町隆史が起用されていた。次回のseason17も、引き続き反町が継続して出演する予定だ。

「水谷が反町のことを気に入っていてseason14から起用したものの、それから視聴率が悪化し、回復の兆しがありません」(ドラマライター)

全話を通じた平均視聴率が20%以上を記録することも珍しくなかった相棒だが、season14から16はそれぞれ15.3%、15.2%、15.2%と低迷してしまっている。

「10月から始まる予定のseason17で、反町をどんな形で降板させるか、水谷が腐心しているようです。降板のことだけでなく、次の相棒役のことも考えなければならない。これはテレビ朝日から強く要望されているようです」(テレビ雑誌編集者)

テレビ朝日がキャストの変更を希望しているのはなぜか。その理由には『ドクターX』シリーズの続編について問題があるためだという。

■ 相棒にかつての勢いを取り戻させたいテレ朝

米倉は5期目の最終話で「長く続くシリーズものだからこその、終わる寂しさを今回初めて体感しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.