くらし情報『森泉の「廃墟リフォーム」に疑問と批判が殺到中』

2018年5月9日 15:30

森泉の「廃墟リフォーム」に疑問と批判が殺到中

森泉の「廃墟リフォーム」に疑問と批判が殺到中

(C)まいじつ

バラエティー番組「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)が5月8日に放送された。番組では、以前からモデルの森泉が進めていた廃墟のリフォーム企画を中心に進み、2階建ての1階部分が完成したことが報告されたが「もはやリフォームではなく工事」と改修費用をふんだんに使った工事をやゆする意見が相次いだ。

森はロケに合わせて、4000万円する築52年で6Kの一軒家を自腹で購入。シロアリのせいで朽ち果てた柱や、アスベストが含まれ雨漏りもする廃屋寸前の家屋を懸命に取り壊していった。解体に3カ月を費やし、その後の改修期間を合わせ、10カ月をかけて1階部分が完成。工事現場の足場に用いていた木材を活用するなど、森のアイデアが存分に反映された出来になっていた。また、森が犬好きであるため、犬用の風呂も用意するなど、森のライフスタイルに合わせられていた。

森は現在妊娠中だが、「生まれる前に作らないと」と話しており、今後も2階部分のリフォームを続ける予定だという。

■ 自治体からの認可が下りない?

森はリフォームを済ませた新居に実際に住む予定のようだが、自治体から住居として認められるのか疑問視する投稿がツイッターにあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.