くらし情報『世界選手権で石川佳純が中国人から「変」と指摘されたこと』

2018年5月9日 16:00

世界選手権で石川佳純が中国人から「変」と指摘されたこと

(C)Stefan Holm / Shutterstock

(C)Shutterstock

スウェーデンで開かれていた卓球の世界選手権で銀メダルを獲得した日本女子卓球チームが5月8日に帰国し、空港には多くのファンが詰め掛けた。キャプテンを務めた石川佳純は帰国後の会見でも感極まった表情を見せていたが、大会中は“福原愛の影響力”を感じていた。

「石川は大会序盤に中国メディアからインタビューを受けています。石川は中国語を話せるので通訳を交えずに答えていたのですが…」(特派記者)

この石川の中国語に、卓球フリークの多い中国国民が食いついた。インターネット上の書き込みでは大半が好意的で《さすが石川》というコメントが多かったが、《イントネーションがちょっと変》といったような投稿があった途端、様相が変わってきた。

《そんなことはない》、《いや、ちょっとヘン》こんな不毛の議論が続き、ついには《よく聞くと、日本の東北訛りがある》という投稿があり、中国のネット民はこれに納得してしまった。

石川は東北ではなく山口県山口市の出身だ。卓球中心の生活のため、大阪府内の中学校に進学しているが、東北に在住したことはないはずだ。ではなぜ“東北訛り”の誤解を招いたのかというと、原因は福原愛にあったらしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.