くらし情報『東国原英夫が明かした石橋貴明の「軍団入り寸前エピソード」』

2018年5月15日 19:31

東国原英夫が明かした石橋貴明の「軍団入り寸前エピソード」

東国原英夫が明かした石橋貴明の「軍団入り寸前エピソード」

(C)まいじつ

視聴率の苦戦が伝えられるフジテレビの『石橋貴明のたいむとんねる』5月14日放送回に、元宮崎県知事でタレントの東国原英夫がゲストで出演した。その際、過去に石橋がたけし軍団入りしそうになったエピソードを明かした。

石橋はビートたけしが草野球チームを作った際、高校野球経験者ということで呼ばれたことがあったという。それから何度か石橋を呼ぶようにたけしから言われた東国原は、「タカちゃんが来てレギュラーになったらおれが外れる」と危惧し、「忙しくて、最近ひまがないみたいですよ」と嘘をついて、代わりにほかの芸人を呼んだと告白。以降、石橋は呼ばれなくなったという。

これを聞いた石橋は「そこでおれが呼ばれてずっとたけしさんの野球チームで活躍すると、たけし軍団に入っていたかも」と、軍団入りしていた可能性に言及すると、東国原は「おれはそれも不安だったのよ」と、石橋のたけし軍団入りを脅威に感じていたと明かした。

「東国原は大森うたえもんと組んでいた『ツーツーレロレロ』時代、芸人として絶対に勝てないと思った対象に『とんねるず』を挙げていました。石橋のことも木梨のこともリスペクトしているのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.