くらし情報『フジテレビ新人女子アナ「近年で一番ひどい」と噂に』

フジテレビ新人女子アナ「近年で一番ひどい」と噂に

2018年5月17日 16:00
 

今年4月に入社したフジテレビの新人女性アナウンサーが“ある意味”で話題になっている。

5月11日に三田友梨佳アナがインスタグラムで新人のアナウンサー4名を紹介した。

関連リンク

・CHEMISTRY&羽生結弦がコラボ 感動に包む圧巻パフォーマンス
・アンソニー・ホプキンス、孫がいるかも知らない!?
・つけ置き洗いでバイ菌は7万倍に、「よかれと思って」が落とし穴のNG習慣
Instagram Photo


両脇が男性アナウンサーで、向かって左端が大川立樹アナ、右端が今湊敬樹アナ。三田アナは中央に位置し、それぞれ左右に井上清華アナと杉原千尋アナが並んでいる。

「どうもこの4人の新人はパッとしませんね。30歳の三田アナが一番輝いているように見えます」(女子アナライター)

インターネット上でも新人女子アナのふたりは《華がない》と酷評されている。

井上アナは青山学院大学の出身で、2016~2017年には『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めたこともある。

「決して飛び抜けた美人ではない印象です。無難にまとまった感じが悪い方向に影響していて、NEWS ZEROに出ているときも話題になりやすいお天気キャスターという役割だったのに、ほとんど話題になりませんでした。日本テレビの“お古”を採用するのも、新鮮味がありません」(同・ライター)

杉原アナは国立音楽大学の出身で、以前にフジテレビに在籍していた加藤綾子の後輩にあたる。

「井上アナは個性のない顔立ちですが、杉原アナは個性があり過ぎて好き嫌いが分かれそうです。大学は同じでも、カトパンの後継者を名乗るには荷が重い感じがします」(テレビ雑誌編集者)

■ 近年で最も「不作」?

昨年はファッション誌でモデルを務めたこともある久慈暁子アナが入社し、現在は2年目にして『めざましテレビ』のスポーツコーナーを担当する活躍を見せている。

「かつての“アナドル王国”だったフジですがは、いまでは見る影もありません。久慈アナや宮司愛海アナはそれなりに活躍しているものの、ほかの若手はさっぱりのまま。フリーアナウンサーも続々と切られています。末期なのか、今年の新人アナは近年で一番ひどいのでは」(同・編集者)

フジテレビ自体が凋落し続けている縮図のようだ。

【画像】

(C) Everett Historical / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.