くらし情報『ドラマ『正義のセ』桐谷美玲の「今カレ」と「元カレ」が出演』

ドラマ『正義のセ』桐谷美玲の「今カレ」と「元カレ」が出演

2018年5月17日 11:01
 

関連リンク

・ディーン・フジオカ、インドネシア舞台の映画出演は「父親として模範になるため」
・マンチェスター爆破テロから1周年、アリアナ・グランデが被害者を追悼
・【オリコン】King & Princeデビューシングル、デイリーランキング初登場1位
桐谷美玲

(C)まいじつ

5月16日に俳優の三浦翔平と女優の桐谷美玲の結婚報道が世間をにぎわせた。そのため、同日に放送された連続ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の第6話に三浦が出演した際には、SNSでファンからは悲鳴が漏れた。また、この日は桐谷の“元彼氏”と噂された俳優もゲストで出演し、視聴者のあいだで話題になっていた。

この日は、主人公の竹村凜々子(吉高由里子)が、司法修習生時代の同期の結婚披露パーティーに参加するシーンからドラマがスタートした。同期から「好きな人いないの?」と問われた凜々子は、第5話で三浦の演じる大塚仁志と酔っ払った勢いでキスしたことを思い出し、凛々子が大塚の唇を奪う回想シーンが放送された。

また、同窓会のシーンでは司法修習生時代の仲間だった神蔵守が現れ、凛々子に激しくアプローチをした。この神蔵を演じたのは俳優の笠原秀幸で、笠原は松本潤が主演した『夏の恋は虹色に輝く』(フジテレビ系)で桐谷と共演している。桐谷と笠原は2011年にスポーツ紙上で交際が報じられていた。

■ 「キスする三浦の背後に桐谷が見える」

ツイッターでは三浦が出演した際に視聴者から多くの投稿があった。

吉高由里子とキスする三浦翔平の背後に桐谷美玲が見える》
三浦翔平くんを見ると桐谷美玲ちゃんの顔が浮かんでしまった》
《リアルで桐谷美玲と付き合ってドラマ内で吉高由里子とキスするなんて…》

ドラマの最後では凛々子が「キスをしてしまってすいませんでした」と大きな声で謝り「そのことはいいから、もう口にするな」と大塚からたしなめられるシーンがあったが、これを茶化す人もいた。

三浦翔平は凛々子にキスされちゃったの、桐谷美玲にバレないようにしないとね》
《桐谷さんの彼氏にやってまったことをようやく思い出した》

また、笠原の登場には《今日の正義のセに桐谷美玲ちゃんの元カレと今カレが出てる》、《桐谷美玲の前彼と今彼の共演シーンはなかったな》といった投稿があり、現在の彼氏と元彼氏の共演にハラハラした視聴者もいたようだ。

桐谷の結婚報道の真偽を含め、今後の三浦から目が離せない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.