くらし情報『高橋真麻が「安易なイジり」警告。しかし反論多数』

高橋真麻が「安易なイジり」警告。しかし反論多数

2018年5月22日 21:00
 

高橋真麻

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの高橋真麻が5月10日に更新したブログの内容が話題になっている。一般人の“いじり”に対して苦言を呈したものだ。

高橋は『イジリ 弄り』というタイトルでブログを更新。まず、弄りという言葉の意味について国語辞典の説明を引用しつつ、次のように持論を述べた。

《私が働いている業界では、イジリ はエンターテインメントコンテンツであり イジリ が無いとみんな困っちゃいます 私も然り。私はどんなイジリも愛だと受け止めていて 実際、そうだと認識しています》

このように、芸能界のいじりが愛から生まれるとつづりつつも、一般人からのいじりについては次のように指摘した。

《テレビを見て、無闇矢鱈に友達や仲間を弄るのがOKだ、面白い、と思うのは安易だし 弄り というのはとても難しいものだと思います。そして弄られている方は安易な弄りの場合、傷付いている事が多いように思います。弄る側のスキルと愛がないと難しいんです》

また、自らもプライベートの際にいじりで嫌な思いをしたことがあると告白し、《この業界以外での弄りの方がめちゃくちゃ難易度が高いから、軽々しくしてはダメよ〜》と警護を鳴らしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.