くらし情報『松任谷由実「前人未踏」の裏で囁かれる「引退」』

2018年5月24日 10:30

松任谷由実「前人未踏」の裏で囁かれる「引退」

松任谷由実

(C)まいじつ

シンガーソングライターの松任谷由実が2012年11月にリリースしたベストアルバム『松任谷由実 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』が、5月28日付のオリコン週間アルバムランキングで28位にランクインし、累積売上枚数が100万枚を突破した。発売から5年半、実に278週にわたるランクインで、自身通算10作目のアルバムミリオン達成となった。

「松任谷はこれで引退の話が現実味を帯びてきました。区切れがいいし、もう声量が全盛期に比べて出ないということも、本人は自覚しています」(芸能関係者)

『日本の恋と、ユーミンと。』は2012年12月3日付オリコン週間アルバムランキングで初週33.6万枚を売り上げ、初登場1位を獲得。このアルバムで松任谷はソロシンガーとして史上初となる1970年代から2010年代までの5年代連続での首位獲得という偉業を達成した。また、同じくこの作品で、ソロシンガー史上初のアルバム総売上3000万枚突破も記録している。

「松任谷は安室奈美恵の引き際を見て、自分もきれいに引退しようと考え、最後の曲作りに入ったという話もあります。いずれにしても、今後に出す曲は常に『最後かもしれない』と思った方がいいでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.