くらし情報『アメフト反則選手の会見で「日大は急落」企業採用者は』

2018年5月23日 19:30

アメフト反則選手の会見で「日大は急落」企業採用者は

後悔 失敗 悪評

(C) Velimir Isaevich / Shtterstock

アメリカンフットボールの試合で起きた日本大学の選手による悪質な反則タックルの問題で、5月22日に反則行為をした日大の選手の記者会見が行われた。

会見で20歳のこの選手は「本件で怪我をさせてしまった関西学院大学の相手のクオーターバックの選手や家族、関係者に対して多大なご迷惑を掛けたことをおわびいたします」と謝罪。反則行為について、内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば試合に出してやる」と指示を受けたと説明した。

まだ学生である選手が顔と実名を出して謝罪をするという前代未聞の事態となった今回の会見。このことについて、会見冒頭で代理人の弁護士は「長い将来のある若者です。ずっとアップで(顔を)撮るようなことは避けていただいて」と配慮するよう呼び掛けていた。

しかし、会見が行われていた時間に生放送をした『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)などの一部のテレビ番組は、弁護士の経緯説明や質疑応答でも選手の顔をアップで映し出して放送。これに対しインターネット上では《アップにする必要があるのか》、《恥さらしを拡大させる意図でもあるのか》などと怒りの投稿が拡大していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.