くらし情報『過去世を見たり臨死体験できる音響技術「ヘミシンク」とは?』

過去世を見たり臨死体験できる音響技術「ヘミシンク」とは?

2018年5月24日 21:00
 

瞑想 ヘッドホン

(C)TheVisualsYouNeed / Shutterstock

他人の力を借りることなく、自分の過去世を見たり、ガイドと交信できるという『ヘミシンク』。現世にいながらにして“臨死体験”ができると、ヒーリングの世界では古くから行われてきた手法だ。実際に何の霊感もない普通の主婦がヘミシンクを行い、過去に亡くなっている自分の母親や祖母などと会話したという例は、枚挙にいとまがない。

そもそもヘミシンクは1960年代後半から1970年にかけて、アメリカのモンロー研究所で開発されたオーディオ・ガイダンス技術だ。ヘッドホンで特殊な信号を聞くだけで脳が活性化され、遠くにあるものが見えたり、他人が考えていることが分かる超感覚知覚や、“あの世”の人物とコミュニケーションできるようになるという。

「スピリチュアルな体験は特殊能力がある人じゃないと体験できないと思っている人が多いのですが、そんなことはありません。実際、ヘミシンクはCDをヘッドホンで聞いているだけで、臨死体験ができるのが特徴です。しかし、誰もが最初からうまくいくわけではありません。諦めずに聞き続け、ヘミシンクについて勉強することで、自分の過去世を見ることができたという人も多いです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.