くらし情報『ネット登山家の死亡で「感動ポルノ」批判が再燃』

ネット登山家の死亡で「感動ポルノ」批判が再燃

2018年5月24日 07:00
 

感動ポルノ

(C)kimberrywood / Shutterstock

5月21日に登山のネット中継で賛否あった栗城史多さんがエベレストの登山中に死亡したことを受けて、インターネット上では“感動ポルノ”について疑念の声が上がっている。

“感動ポルノ”とは、初めてその言葉を用いた人権アクティビストのステラ・ヤング氏によると、《「清く正しい障害者」が懸命に何かを達成しようとする場面をメディアで取り上げること》とされている。近年では、日本テレビのチャリティー番組『24時間テレビ』で障害者のチャレンジを過剰に盛り上げていることを視聴者が疑問視し、NHKでもそれを批判するような内容の番組を放送したことで話題となった。

「栗城さんは、過去にエベレストへの登頂を失敗したときに両手の指を合計9本も凍傷で失いました。それでもエベレスト登頂に再挑戦する姿が感動的だとしてメディアが取り上げ、特に今回の登頂はインターネットテレビ『AbemaTV』が生中継することになっていました」(山岳雑誌ライター)

栗城さんについては、以前より「実力不足の無謀な挑戦」などと批判され、「いずれは死につながる」などと忠告する専門家らも多かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.