くらし情報『着替え盗撮に枕営業…アイドル界にはびこるセクハラの実態』

2018年5月29日 10:30

着替え盗撮に枕営業…アイドル界にはびこるセクハラの実態

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

アイドルグループ『虹のコンキスタドール』の元メンバーの女性がセクハラを受けたとして、当時のプロデューサーを提訴した。このグループはイラストSNS『pixiv』を運営するピクシブ社の企画から発足しており、提訴されたのは同社の現社長(当時は副社長)である永田寛哲氏だ。

訴状によると、元メンバーの女性は3つのセクハラ被害を受けたという。

まず、息抜きのために京都旅行を申し出たところ、「僕が付き添いで行くならいいよ」として強引に同行し、相部屋での就寝を余儀なくされたこと。襲われこそしなかったというが、女性は当時未成年だった。

次は、アルバイトを申し出たところ許可されず、代わりに「マッサージをしたらバイト代をあげる」として強要されたこと。

そして最後に、グループ脱退後、同期メンバーの卒業セレモニーのために上京した際、永田氏の自宅マンションに泊まるよう指示され、脱衣所を盗撮されたこと。偶然隠しカメラに気付いた女性は映らないように着替えたが、翌日はどうしても全身が映ってしまう角度にカメラ位置が変わっていたという。女性はその翌週に大学入試センター試験を控えていたが、盗撮被害に遭ったショックとフラッシュバックから試験を受けることができなかったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.