くらし情報『スザンヌ「副業失敗」で思い出される芸能人それぞれの痛い過去』

2018年6月1日 21:00

スザンヌ「副業失敗」で思い出される芸能人それぞれの痛い過去

スザンヌ

(C)まいじつ

タレントのスザンヌが5月20日にTBS系列で放送された『坂上&指原のつぶれない店』の2時間スペシャルの番組内で、地元の熊本でオープンさせたカフェが3カ月で閉店になったことを明かした。

2007年にフジテレビの『クイズ!ヘキサゴンII』で“おバカタレント”として活躍していたスザンヌは、店が閉店した理由を「お金の計算ができないまま始めちゃったものだから、3カ月くらいでガタガタになっちゃって」と明かし、相変わらず天然ぶりが健在なところをうかがわせた。

芸能人が飲食店や不動産業などの副業に乗り出すケースは珍しいことではない。だが、必ずしも成功している人が多数というわけではなく、2011年に芸能界を引退した島田紳助氏のように、資産50億円ともいわれるほど財を成した成功例がある一方で、大失敗をしている人も多い。

「芸能人の副業といえば千昌夫が有名です。1980年代に不動産業で莫大な利益を上げていましたが、バブル崩壊とともに一気に借金まみれになり、2000年には事務所が経営破綻してしまいました。民事再生法の適用で最終的には1億円強を返済することになりましたが、それをきっかけに歌手業に専念するも、一度ついたマイナスのイメージは払拭しきれませんでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.