くらし情報『水曜日のダウンタウン「一歩間違えれば警察沙汰」で激怒と批判』

2018年5月31日 11:00

水曜日のダウンタウン「一歩間違えれば警察沙汰」で激怒と批判

監禁

Thawornnurak / Shutterstock

5月30日にTBS系列で放送されたバラエティー番組『水曜日のダウンタウン』のなかで、若手芸人を強引に連れだして倉庫のなかで事実上監禁する企画が放送された。そのあまりの強引な拉致と監禁の手法には視聴者から批判が集中しており、『放送倫理・番組向上機構(BPO)』の審議対象になるのではないかと指摘する意見まで出ている。

今回のこの企画は、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のエピソード『鉄塔に住もう』をモチーフとしたもので、番組スタッフはまず新横浜駅でお笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』のナダルを拉致。そのまま東神奈川駅近くの倉庫へ連れて行き、檻の中で監禁した。

この檻から脱出するためには、タレント名鑑に載っている芸能人を携帯電話で連絡して倉庫におびき寄せ、檻のなかへ誘い込まなければならないというルール。誰か芸能人を身代わりにすれば、檻から出られるというものだ。そして次に閉じ込められた人は、自分の代わりに入る芸能人を探していく。番組の企画だと知られてしまったら、失敗とみなして別の人を探さなければならない。

最初に閉じ込められたナダルは、お笑いトリオ『ジャングルポケット』のおたけを電話で言葉巧みに呼び寄せ、脱出に成功。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.