くらし情報『水曜日のダウンタウン「ドッキリ企画激怒芸人」一転して感謝』

2018年6月1日 17:30

水曜日のダウンタウン「ドッキリ企画激怒芸人」一転して感謝

喜び 感謝

バタコ / PIXTA(ピクスタ)

5月30日にTBS系列で放送された『水曜日のダウンタウン』の内容が、またも物議を醸している。

この日は漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のエピソードを再現する企画『数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説』がプレゼンテーションされた。お笑い芸人をひとりずつ倉庫へ閉じ込め、脱出するためには身代わりとなる芸人を電話で呼び寄せなくてはならないというものだ。

最初に閉じ込められたお笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルは、『ジャングルポケット』のおたけを言葉巧みに誘い出して脱出に成功。テレビ番組の企画だと知らないおたけは、夜中に「タクシー代1万5000円をかけて倉庫までやってきたのに」と愚痴をこぼした。

その後も多くの芸人が閉じ込められて、口々に「え!?何どういうこと?」「ここから出せ!」などとパニック状態になっていた。

特に視聴者の反響がすさまじかったのが『パンサー』の菅良太郎が身代わりとして呼んだ『マテンロウ』の大トニーが閉じ込められたときだ。大トニーは尊敬する先輩の菅から「財布を忘れて店から出られない」と嘘をつかれ、この企画へ参加したのだが、自分が騙されたことを理解した大トニーはカメラが回っている中で怒りを露わにし続けた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.