くらし情報『RADWIMPSの新曲「HINOMARU」抗議行動に批判炎上』

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」抗議行動に批判炎上

2018年6月15日 21:00
 

日の丸

(C)zaimasukoike / PIXTA(ピクスタ)

音楽バンド『RADWIMPS』が6月6日に発売したニューシングル『カタルシスト』で、カップリングになっている曲の『HINOMARU』が、「軍歌のようだ」「ナショナリズムを高揚させる」など批判を浴びている。

批判されたのは《さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に》、《気高きこの御国の御霊》という部分の歌詞だ。批判についてボーカルで作詞作曲を担当している野田洋次郎は、8日にツイッターでコメントを発表した。

HINOMARU
ただまっすぐに届きますように。 pic.twitter.com/McV51WYoX0

— Yojiro Noda (@YojiNoda1) June 8, 2018

https://platform.twitter.com/widgets.js

画像に記された内容は次のような文章だった。

《日本に生まれた人間として、いつかちゃんと歌にしたいと思っていました。世界の中で、日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます。歴史的、政治的な背景もあるのかもしれません。色んな人がいて、色んな考え方があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.