くらし情報『RADWINPS「HINOMARU」騒動に意見した今井絵理子が炎上』

2018年6月16日 10:31

RADWINPS「HINOMARU」騒動に意見した今井絵理子が炎上

表現の手法は作家の自由であり、言葉遣いや色使いに正しいも間違いもありません。決して誰かの同意や批判を得たくて作品をつくるわけでもありません。
出来上がった作品がすべてなのです。

そして、HINOMARUの歌詞についての考えも記されていた。

「HINOMARU」は軍歌のようだ。「HINOMARU」は愛国心を表現しているようだ。「HINOMARU」は言葉遣いがおかしいようだ。
作家の想いとは遥かにかけ離れた解釈によりこのような声がSNSを駆け巡っています。
その結果、この作品の産みの親である野田洋次郎さんが釈明と部分的に謝罪をする場面に出会い、とても複雑な心境です。
野田洋次郎という一人の作家の想いや考えをストレートに偽りなく歌詞に綴り、音を奏でることはいけないことでしょうか。

野田の表現を全面的に支持。そして、

受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪までさせてしまう今の社会の風潮には賛成することができません。

と騒動に対して、意見を表明した。

■ 「この発言をできるほどの人間だと思っていますか?」
しかし、今井議員がブログを紹介したツイートには、批判の返信が集中した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.