くらし情報『哀川翔が溺愛!福地桃子が「朝ドラ抜擢」された背景』

2018年6月16日 17:30

哀川翔が溺愛!福地桃子が「朝ドラ抜擢」された背景

哀川翔が溺愛!福地桃子が「朝ドラ抜擢」された背景

(C)Netkoff / PIXTA(ピクスタ)

俳優の哀川翔の次女で、女優の福地桃子が、来年NHKで放送される朝の連続テレビ小説『なつぞら』に出演することが決まった。福地は現在、TBS系列で放送中の連続ドラマ『あなたには帰る家がある』で、カフェの店員役としてレギュラー出演しているが、あくまでもサブキャスト扱い。なつぞらではヒロインの親友役という重要な役どころだけに、知名度も一気にアップしそうだ。

「福地は過去に4回、朝ドラのオーデションに落選していますが、5回目にしてやっと念願が叶って合格を手にしました。しかし、インターネット上では女優として実績もなく、いままで大きな話題にもなったことのない福地に対して《また、二世タレントのゴリ押しか》、《余裕でその辺にいるレベル》などと、辛辣な意見が続出しています」(芸能記者)

哀川には5人の子供もがいるが、上の3人は前妻の連れ子で、実子は三男と次女の福地のふたり。哀川は末っ子の福地を特にかわいがっていたようで、福地が高校生のときには、演技未経験ながら自分が主演するドラマの娘役に抜擢するなど、関係者にかなり売り込みをかけていた。

NHKの朝ドラは実力派の舞台女優も多数オーデションを受けるのですが、知名度の低い人は演技力があってもなかなか合格することが難しいのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.