くらし情報『日本大好き・アニメ大好き中国「新世界人」が逮捕覚悟でコスプレ投稿!?』

2018年7月10日 19:30

日本大好き・アニメ大好き中国「新世界人」が逮捕覚悟でコスプレ投稿!?

日本大好き・アニメ大好き中国「新世界人」が逮捕覚悟でコスプレ投稿!?

(C)DK samco / Shutterstock

中国国内では、習近平国家主席を絶対指導者として戴き、中国共産党の権威主義に支配された人々が棲む社会を“旧世界”と呼ぶ。第二次世界大戦を舞台に悪い日本軍と戦う「抗日ドラマ」を見て育ち、共産党指導部が反日と言えば反日に、親日と指示されれば親日に傾く人々を指す言葉だ。

一方で、“新世界”という言葉もある。

「新世界と言われるのは若い一人っ子世代で、人口2億人余りの中間層です。彼らは抗日ドラマなど見ないし、そもそもテレビに関心がありません。スマホで日本のアニメを見て、ゲームに興じているのです」(在日中国人ジャーナリスト)

中国共産党の立場からすれば、反日思想は“自らが政権を担当する正当性”に直結する話であり、妥協の余地はない。だが、新世界人はそうではない。彼らは日本にたびたび旅行に来て、日本に来ることで余計に日本を好きになって帰っていくので、どんなに反日教育を受けても全然なびかない。

■ 数年前なら逮捕されるような行為も…

「中国の人々も自国の経済力を実感する場面が増え、相対的に日本へのコンプレックスが廃れたことも反日扇動策に反応しなくなった理由のひとつでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.