くらし情報『うっかり金正恩のクルマを「追い越して」しまった北朝鮮国民の末路』

2018年6月30日 21:00

うっかり金正恩のクルマを「追い越して」しまった北朝鮮国民の末路

北朝鮮

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

北朝鮮から韓国へ亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使の自叙伝『3階書記室の暗号』には、北朝鮮の“金王朝”の下半身スキャンダルまで暴露されている。

例えば金正恩党委員長の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長の粛清を巡っては、1万人あまりが連座させられて粛清にあったとされるが、そのなかには張氏の“愛人”とみられた何人もの女優や歌手が逮捕され、姿を消している。太氏は同著のなかで正恩夫人の李雪主(リ・ソルジュ)も卒業したエリート女学院、金星学院の校長が《「中央党5課」に選抜された中学生たちを張成沢の性の玩具として差し出したとの理由で逮捕された》という記述まである。

今春、南北交流の一環として韓国にやってきた金星学院生やOGたちは、当局により厳しいチェックを受けるが、別の意味で“管理”される少女たちもいる。それが“5課対象”と呼ばれる学生たちだ。同課は“喜び組”などを選抜・管理する部署だ。

また《労力英雄の称号を受けたオボンサン管理所の所長も拘禁された。張成沢が遊び相手にしていて殺してしまった女性たちを焼いて闇に葬った嫌疑からだ》との記述もある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.