くらし情報『W杯ポーランド戦の高視聴率も喜べない「大紛糾」フジテレビ株主総会』

2018年7月1日 10:30

W杯ポーランド戦の高視聴率も喜べない「大紛糾」フジテレビ株主総会

W杯ポーランド戦の高視聴率も喜べない「大紛糾」フジテレビ株主総会

(C)まいじつ

6月28日の深夜から翌日未明にかけて行われたサッカーのワールドカップロシア大会Hグループリーグ第3戦、日本代表対ポーランド代表の試合中継は、平均視聴率が44.2%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と発表された。これを放送したフジテレビは喜びに沸いたようだが、視聴率低迷が長引く同局にとって、その安堵の時間は長くない。試合中継の前日、6月27日に行われたフジテレビの持ち株会社であるフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)の株主総会では、例年以上の紛糾が巻き起こっていたのだ。

昨年の6月は、トップ在任29年の日枝久氏が代表取締役会長から取締役相談役に退き、後任に社長だった嘉納修治氏が昇格、宮内正喜氏が社長に就任するなど経営体制に大きな変化があった。今回の総会は、その新体制1年の評価が問われるものだった。

フジHDの総会は毎年荒れることで有名だが、今回、総会に出席した株主がこう話す。

「質疑応答のとき、ある株主が企業価値向上のために指原莉乃や岡村隆史を取締役にせよと言っていました(笑)。また、別の株主が内部告発だとして、昨年行われたイベント『お台場みんなの夢大陸』の入場者数が3倍以上に水増しされたものではないかと質問していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.