くらし情報『林修の情報番組「健康にいいという情報」に視聴者から疑問と批判多数』

林修の情報番組「健康にいいという情報」に視聴者から疑問と批判多数

2018年7月4日 11:23
 

林修の情報番組「健康にいいという情報」に視聴者から疑問と批判多数

(C)Cookie Studio / Shutterstock

7月3日にテレビ朝日系列で『林修の今でしょ!講座』の3時間スペシャルが放送された。林は医師から梅干し、のり、バナナが健康や長寿につながるとレクチャーを受けていたが、視聴者からは「本当に効果があるのか」と放送内容を疑う意見が相次いでいる。

この番組のコンセプトは予備校講師の林が専門家から「知らない世界」を教えてもらうというもの。林は番組冒頭に、「一見健康長寿に関係ないようにも思われるが、調べてみると全く逆だった」と強調。「いつ学ぶか?今でしょ」と往年の流行語とともに番組を進めていった。

そして、梅干し、のり、バナナを専門に研究してきた医科大学の教授やクリニック院長を招き、それぞれの効用をスタジオ内で発表した。

このうち、バナナの効用を説いた医師はまず、高血圧を防ぐとしてカリウムを摂取することのメリットを強調。交感神経が働き始め、血圧が上がりがちな朝にカリウムを多く含むバナナを食べることは良いことだと強調した。また、塩分が引きつけた水を排出することでむくみ対策になると説明した。

その後、バナナの生産量日本一の沖縄でロケをした様子を放送。現地ではバナナと小魚を一緒に食べていることが紹介された。専門家は「尿の中にある塩分を出してくれる。カリウムと(小魚の)カルシウムが高血圧を防いでくれる」と、その効果を説いた。

違う専門家はバナナの効果的な食べ方を周囲に聞き、高橋真麻らから「加熱した方がいいのでは?」との答えを得た。専門家は「乾燥させたバナナの方がカリウムが凝縮する」と医学的な見地から乾燥バナナの効果を説き、多く摂取するように呼びかけた。

■ 特定の食べ物を推奨する番組構成を批判

この番組はこれまでに放送されてきた健康情報番組と似たような構成だったが、メディアの健康情報に疑いを持つ視聴者も増えているようだ。視聴者からはツイッターへ以下のような投稿が寄せられていた。

《バナナが糖尿病予防になるという正確なエビデンスはどこにあるの?胡散臭い》
《「バナナほ朝食べると減量につながらない」って以前林修の番組でやっていたような…》
《お医者さんは栄養について研究しだすと特定の食品ばっか良いって言う》
《バナナは糖質が多いから気を付けんと・・・太るぞ》
《今でしょ!講座なんか長いね。梅干しと海苔とバナナを語るのに何時間かかってるんだ》
《明日バナナがバカ売れするよ!迷惑だな》

このように情報の信頼性を疑い、特定の食べ物だけをむやみやたらと推奨する番組構成に批判が集まっている。

林が「今でしょ!」と呼びかけるべきはバランスの良い食事ではないだろうか。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.