くらし情報『芥川賞が大ピンチ!受賞候補作に「パクリ疑惑」が噴出』

2018年7月5日 17:30

芥川賞が大ピンチ!受賞候補作に「パクリ疑惑」が噴出

芥川賞が大ピンチ!受賞候補作に「パクリ疑惑」が噴出

(C)bee / PIXTA(ピクスタ)

純文学の新人小説家に与えられる芥川龍之介賞、通称『芥川賞』。古くは石原慎太郎大江健三郎村上龍らが受賞し、これを機に大躍進を遂げている。2015年には、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でお笑いコンビ『ピース』の又吉直樹が『火花』で受賞し、大きな話題となったことは記憶に新しい。

そんな、無名作家が著名作家の仲間入りを果たすための登竜門である芥川賞に“ある疑惑”が持ち上がっている。

事の発端は、芥川賞候補作として文芸誌『群像』(講談社)で新人作家の北条裕子氏のデビュー小説『美しい顔』が発表されたことにある。この作品は2011年に発生した東北大震災をモチーフにしており、被災した少女の視点から地震被害の凄惨さを描いた作品だ。あの震災を体験した人にも、していない人の胸にも大きな衝撃をもたらす作品として話題を呼んでいた。そんな衝撃作の一部に、2011年に発売されたノンフィクション作家、石井光太氏の『遺体―震災、津波の果てに―』(新潮社)を盗用したのではないかという疑惑が出ているのだ。

■ それぞれの出版社が対応を発表

比較する意味で、その“疑惑”の一部を引用してみよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.