くらし情報『アメリカVS中国「貿易戦争」が勃発!中国市民に大打撃が思わぬ影響へ…』

2018年7月12日 19:30

アメリカVS中国「貿易戦争」が勃発!中国市民に大打撃が思わぬ影響へ…

アメリカVS中国「貿易戦争」が勃発!中国市民に大打撃が思わぬ影響へ…

(C)Maxim Apryatin / Shutterstock

米中貿易戦争の可能性が高まる中、習近平中国国家主席が奥の手を使うようだ。それは最大の報復手段、消費者によるアメリカブランドの不買運動だ。これは“独裁国家”中国にしかできない作戦だ。

ただし、中国経済も大きな打撃を受ける可能性があるという。

「不買運動は中国自体にも打撃を与える恐れが大です。コカ・コーラやマクドナルド、ウォルト・ディズニーといったアメリカブランドの中国事業は、中国政府の支援を受けた中国企業の共同経営となっているからです。つまり犠牲になるような100%アメリカ資本の企業は存在していないのです。中国企業がアメリカブランドと直接の資本提携をしていない場合でも、ボイコットなど関税以外の報復措置は、中国側のパートナー企業に打撃をもたらすだけです」(エコノミスト)

■ アメリカに対して輸入制限をかける中国だが…

中国は対米報復を一斉実施し、その対象は128品目、最高25%の関税を上乗せし、トランプ政権に対抗する。中国が輸入制限をかけた128のアメリカ産品のうち代表的なものは豚肉と大豆だ。

中国は豚肉消費量においても生産量においても世界1位だが、近年では豚飼養頭数が減り、生産量が消費量を下回っているため輸入に頼っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.