くらし情報『鎌倉時代の昔から「キラキラネーム」は悲喜こもごも』

2018年7月13日 16:00

鎌倉時代の昔から「キラキラネーム」は悲喜こもごも

鎌倉時代の昔から「キラキラネーム」は悲喜こもごも

(C)amadank / PIXTA(ピクスタ)

“キラキラネーム”の子供が増えた昨今は、これまでの常識とは異なる漢字の読み方であったり、音と漢字に大きなずれがあったり、字を見ただけでは読めなかったりすることが多い。ふりがながあっても、読み方に違和感が残ったりしても、もはや普通のことになってきている。

「教育現場や小児科の医師の間で読めない名前が増え始めた話を聞くようになったのは、1990年代半ばごろからです。マタニティー雑誌の『たまごクラブ』が創刊されたのが1993年。少子化の影響もあって、このころから親がわが子に他人とは違う個性的な名前を付けようという風潮が高まっていったといわれています。他にもアニメやテレビドラマ、有名人の名前の影響、さらにインターネットの普及によって、音から決めた名前に使える漢字や姓名判断的な画数を専門家に頼らずに、親が自分で簡単に調べられるようになったことも“キラキラ”が増えた大きな理由でしょう」(ウェブライター)

だが実は、キラキラネームは鎌倉時代にも存在していたという。

「兼好法師が『徒然草』の中で、《近ごろは見慣れない漢字を名前に付ける風潮があり、そういうことをするのは頭の悪い連中だ》と苦言を呈する一節があるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.