くらし情報『「神隠し」や「ワープ」が頻発する最凶心霊スポット』

2018年7月14日 19:30

「神隠し」や「ワープ」が頻発する最凶心霊スポット

「神隠し」や「ワープ」が頻発する最凶心霊スポット

(C)Helen Hotson / Shutterstock

夏の風物詩といえば怪談や心霊スポット巡りがあるが、怖いもの見たさで安易に訪れると、とんでもない代償を払わなければならなくなる“最凶心霊スポット”というものが実際に存在する。

「心霊スポットに訪れると、悪霊に取り憑かれて体調不良を起こしたり、しばらく寝込んだりするというケースがありますが、それよりもさらに怖いのは、“ワープ”や“神隠し”に遭うことなのです。東京都内でも有数の心霊スポットといわれている千駄ヶ谷トンネルは、過去に数多くのワープ体験談があることでも有名です。気が付くと、数十メートル先に移動していて、しばらく自分が何をしていたのか分からなかったという人の話を聞いたことがあります」(オカルト誌ライター)

このトンネルは上部に墓地があり、昔から数多くの怪奇現象が起こることでも有名だ。かつて昭和のオカルトブーム時には、多くのテレビや雑誌で取り上げられたので知っている人も多いだろう。ブームが去った後は、取り立てて話題になることも少なくなったが、大きく騒がれなくなった今でも、定期的に不可解な心霊現象が続いているという。

■ 兵庫県にある「神隠し」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.