くらし情報『ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢』

2018年7月16日 11:00

ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢

ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢

(C)red mango / Shutterstock

今年5月にジャニーズ事務所からデビューした『King & Prince(キンプリ)』のデビューシングルCD『シンデレラガール』の売り上げが、累計で60万枚を突破した。

ユニバーサルミュージックとジャニーズの共同運営で新設されたプライベートレーベル『Johnnys’ Universe』からリリースされた同曲だが、7月12日発売の『週刊文春』によると、同レーベルの立ち上げや契約の場にはジャニー喜多川社長とメリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長の3人が一堂に会したほどで、半端ではない力の入れ具合だったという。

「キンプリは、とにかくジャニー社長の寵愛を受けています。ジャニー社長はことあるごとに『キンプリは私が手掛ける最後のグループ』と言ってはばからない。手塩にかけたメンバーたちだから、かわいくて仕方がないのでしょう」(ジャニーズライター)

■ 紅白歌合戦の「TOKIO枠」をキンプリが狙う

この新曲の勢いは、このまま年末の『NHK紅白歌合戦』にキンプリが初出場する“手土産”となりそうだ。オリコンの発表によれば、上半期シングルランキング5位を獲得。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.