くらし情報『オウム事件「死刑執行・全員完了」それでも死刑に反対する人たち』

2018年7月27日 16:00

オウム事件「死刑執行・全員完了」それでも死刑に反対する人たち

オウム事件「死刑執行・全員完了」それでも死刑に反対する人たち

(C)TeodorLazarev / Shutterstock

オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫ら7人の死刑執行に続き、7月26日、死刑が確定していた残る教団元幹部ら6人の刑も執行された。

今回に限らず、死刑が執行されると必ずと言っていいほど、国内外を問わず死刑反対派からの声が上がる。彼らはなぜ、死刑に反対するのだろうか。

7月21日に放送された『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)では、死刑についての論議が行われ、反対派の意見が聞かれた。出演した弁護士は、刑の執行後に冤罪だったと判明した場合に取り返しがつかないことなどを挙げ、また文筆家の乙武洋匡氏は、“生きて謝罪を続けるべき”といった趣旨のコメントをしている。

同番組内で行われた視聴者投票では、死刑賛成が92%、反対が8%と大差がついたが、番組に対するネット上の意見でも、やはり賛成派が圧倒的大多数だった。

《死刑制度のない国はその場の判断で射殺しておしまいってパターンが多いし》
《(同番組出演の)デヴィ夫人の1人でも殺人を犯したら死刑って意見大賛成》
《死刑反対派はどうやって犯罪者に償わせるんですか?被害者を生き返らせてから言って下さい》

「反対派の意見として多いのは、冤罪の問題に加えて、人権の問題、犯罪抑止効果への疑問、倫理上の問題といったところが挙げられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.