くらし情報『暗黒の未来『宅配ドローン』は重さ15kg!墜落よりもっと怖いのは…』

2018年8月28日 19:30

暗黒の未来『宅配ドローン』は重さ15kg!墜落よりもっと怖いのは…

暗黒の未来『宅配ドローン』は重さ15kg!墜落よりもっと怖いのは…

C)maroke / Shutterstock

以前「自動車の完全自動運転にまつわる危険性」をお伝えしたが、今度はネット通販大手のAmazonジャパンが「ドローン宅配」の実用化を急いでいるらしい。既にイギリスではドローン宅配の試験運用が始まり、日本でも限定的な試験飛行を経て、一説によれば「解禁は目前」とも言われているが、やはり安全性には相当問題があるようだ。

例えば去年の2月、神奈川県藤沢市では建築現場で使われていた重さ1キログラムの空撮用ドローンが電波障害でクレーンに接触して墜落、下にいた作業員の顔面を直撃し、数針を縫う大怪我を負わせている。

だが、Amazonジャパンによれば、運用を予定している宅配ドローンは重さが何と5キロ~15キロもあり、上空約400メートル付近を飛行するというのだ!1キロのドローンが数十メートルの高さから落下しただけでも大怪我なのである。最大で5キロの鉄アレイ3個分のドローンが故障した挙句、上空数百メートルから突然頭上に降ってきたら「どのような事態」になるのか?明らかに無謀すぎる。

■ 巨利を狙うネット通販大手の思惑とは?

「これは仮説ですが、ドローン宅配の“完全自動飛行化”で一番得をするのは誰でしょう?それは間違いなくドローンを数万機という単位で毎日大量運用する、ネット通販大手だと思われます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.