くらし情報『「今回ばかりはかなりヤバい」と囁かれるGACKTの「黒い仮想通貨」事業』

2018年8月4日 21:00

「今回ばかりはかなりヤバい」と囁かれるGACKTの「黒い仮想通貨」事業

「今回ばかりはかなりヤバい」と囁かれるGACKTの「黒い仮想通貨」事業


詐欺まがいが横行する仮想通貨に対し、いま金融庁は新しいルールづくりを進めている真っ最中だ。

そんな中、ロック・ミュージシャンのGACKTが関わっているとされる仮想通貨『スピンドル』が醜聞に見舞われている。

「野田聖子総務相の秘書が金融庁に圧力をかけていたとの疑惑が浮上し、立て続けに報じられました。5月に国外の取引所で上場したスピンドルは大暴落しており、大損するハメになった出資者は怒り狂っています。」(芸能記者)

GACKTは昨年末、ブログでスピンドル事業に参画していることを表明した上で「仮想通貨を通して、より多くの人が投資を体験するべきだと思う。そして、リテラシーを高め、豊かなライフプランを実現させるための資産運用を実現させる糸口を見つける」などと熱く語りかけていた。

「スピンドルの事業会社は無登録営業で、今年1月、金融庁から資金決済法違反の疑いがあると通告された“いわくつき”の業者です」(夕刊紙記者)

■ 仮想通貨『スピンドル』大暴落でGACTが危ない

その直後に、野田総務相の秘書が事業会社の関係者を同席させた上で金融庁に説明を求めたことが発覚。まさに圧力疑惑の真っただ中だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.