くらし情報『「LGBT大炎上」杉田水脈議員を「猛批判」して上西小百合氏が珍しく人気』

2018年8月5日 17:30

「LGBT大炎上」杉田水脈議員を「猛批判」して上西小百合氏が珍しく人気

上西小百合

(C)まいじつ

LGBTなど性的少数者を「生産性がない」と批判した自民党の杉田水脈衆院議員の炎上問題が、ついに党本部を巻き込む騒動に発展した。

自民党は8月1日にLGBTに関する公式見解を掲載。その内容は、2016年に設置した「性的指向・性自認に関する特命委員会」で党内議論を行い、「性的な多様性を受容する社会の実現」を目指し、「正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいる」というもので、杉田議員の見解と異なることを、あらためて示した格好だ。

安倍首相も「自民党としてすでに見解を表明している。人権が尊重され、多様性が尊重される社会をつくっていく、目指していくことは当然だ。これは政府・与党の方針でもある」と述べた。

これを受けて杉田議員は事務所を通じ「党性的指向・性自認に関する特命委員会の古屋圭司委員長からご指導をいただきました。真摯に受け止め、今後、研さんに努めて参りたいと存じます」とコメント。炎上騒ぎを終息の方向へ向かわせよういう姿が報じられた。

■ かつての炎上商法とは違い上西氏を応援する声多数

この騒動で便乗商法をした者がいる。上西小百合氏だ。上西氏と杉田議員は12年12月の衆院選で日本維新の会から出馬し、政界入りした“花の同期”である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.