くらし情報『苦渋の決断…俳優・寺島進が退所する「オフィス北野」の現状』

2018年8月7日 15:30

苦渋の決断…俳優・寺島進が退所する「オフィス北野」の現状

寺島進

(C)まいじつ

俳優の寺島進が、所属する「オフィス北野」を11月末で退社することが分かった。

寺島は北野武監督映画の常連で『ソナチネ』や『HANA-BI』など、オフィス北野の看板俳優として活躍してきたが、たけしが3月末に独立。その後、同事務所はマネジャーの人数を削減するなど規模を縮小したため、十分なマネジメント業務を受けられないことから移籍を決断したという。

寺島の移籍先は既に決定しており、12月1日付で、鈴木雅之篠原涼子らが所属する芸能プロダクション『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』に移籍するという。オフィス北野の森昌行社長は「本人の希望なので、つらいですが、やむを得ない。移籍自体は円満です」とスポーツ紙にコメントを残した。

この寺島の動きにネット上では、寺島の決断を支持する意見が圧倒的に多く見られた。

《賢明だと思う。》
《たけしが居なかったらオフィス北野にいる意味ないよね。》
《「人数的に仕事を回すのが難しく、しっかりしたマネジメントができない状態」 これじゃオフィス北野に残留しても意味ないもんね…心機一転頑張ってください》

■ 恩義はあるが背に腹は代えられず

オフィス北野といえば、たけしが独立した際に森社長とたけしの命を受けたとするたけし軍団との対立が記憶に新しい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.