くらし情報『ライブの客はわずか数100人…「AKB48」1期生の悲惨な現状』

2018年8月15日 10:30

ライブの客はわずか数100人…「AKB48」1期生の悲惨な現状

AKB48初期メンバー
(C)まいじつ

先日、元『AKB48』の前田敦子が俳優の勝地涼と電撃結婚を果たし、世間は大きな祝福ムードに包まれた。

前田といえばAKB48の1期生であるとともに、絶対的センターとしてグループの黄金期を支えてきた。

2012年8月にAKB48を卒業すると、その後は女優として活動。映画『クロユリ団地』『Seventh Code』『イニシエーション・ラブ』『探偵はBARにいる3』などに出演し、ドラマも『ど根性ガエル』(日本テレビ系)、『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)などで起用されている。

前田は女優としての評価が高く、特に『Seventh Code』の黒沢清監督は前田を絶賛。来年公開の最新作『旅のおわり、世界のはじまり』でも前田を主演として起用しており、前田のことを「天才ですね」「日本にすごい女優が出現した」とべた褒めしている。

1期生の中には、川崎希のようにアパレルブランドを立ち上げて成功した例もある。16年12月放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況報告~』(テレビ東京系)に出演した川崎は、AKB48在籍時は給料が少なくて、3年間で40万円しか貯金ができなかったと暴露。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.