くらし情報『篠原涼子「離婚危機報道」ホントの原因は“フラフラ癖”という説』

2018年8月17日 17:30

篠原涼子「離婚危機報道」ホントの原因は“フラフラ癖”という説

一昨年はドラマで共演した江口洋介と深夜バーでしっぽりと飲む場面が見受けられ、浮気かと問題になった。“おしどり”なら、夫以外の男と深夜にバーで会わないでしょう」(女性誌記者)

■ 深夜までの飲み歩きが原因?

一部による今回の“離婚危機か!?”の報道には、篠原が市村のいない深夜2時、ママ友相手に「私のことを分かってほしいのよ~」と大声で相談していたとある。市村と子供2人を巡って教育方針で争いになっているらしいと書かれている。

「子供2人は、すでに御三家といわれる私立大学の付属学校に入学。黙っていれば大学まで進めます。こう言っては失礼だが、その付属からは東大や一橋大に入ることは、まずあり得ません。同級生も9割以上、上の大学に進学します。ですから、教育方針で夫婦不和になったというのは変な話です」(同・記者)

となると、2人の間には何か別の離婚をニオわせる事態が起きたのだろうか。

「子供の教育ではなく、篠原の教育のようです。女性誌の目撃談にもあるように、深夜にママ友に相談という名目で飲み歩いている。親としてどうなのでしょう。それでなくてもドラマの出番が多いフジテレビの制作マンと飲み歩く姿が何回も目撃されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.