くらし情報『安室奈美恵と今井絵理子議員「翁長知事への追悼」が浴びた理不尽な攻撃の中身』

2018年8月18日 11:00

安室奈美恵と今井絵理子議員「翁長知事への追悼」が浴びた理不尽な攻撃の中身

安室奈美恵

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の安室奈美恵が、8月8日に亡くなった沖縄県の翁長雄志知事の訃報を受け、自身のホームページでコメントを発表した。

《翁長知事の突然の訃報に大変驚いております。

ご病気の事はニュースで拝見しており、県民栄誉賞の授賞式でお会いした際には、お痩せになられた印象がありました。

今思えばあの時も、体調が優れなかったにも関わらず、私を気遣ってくださり、優しい言葉をかけてくださいました。

沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております。

心から、ご冥福をお祈り致します。》

と、故郷のために尽力した翁長知事を悼んだ。

ところが、この追悼文が思わぬ形で批判された。それは追悼文の「翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ」という部分だ。翁長知事は安倍内閣が決定した普天間基地の辺野古移設を反対してきた。そのことで安倍内閣と対立をしていたのだが、そこを取り上げて安倍首相の熱心な支持者から、

《安室反日かよ》
《安室ちゃんは分かってないな~、翁長知事は中国の為に働いてるんだよ》
安室奈美恵は左翼か?(笑)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.