くらし情報『リアル人類補完計画?「ジョージア・ガイドストーン」の究極目的とは』

2018年8月25日 19:30

リアル人類補完計画?「ジョージア・ガイドストーン」の究極目的とは

【画像】

リアル人類補完計画?「ジョージア・ガイドストーン」の究極目的とは

(C)William Howard / Shutterstock

アメリカのジョージア州エルバート郡には『ジョージア・ガイドストーン』と呼ばれる「奇妙な記念碑」が立っている。何が奇妙なのかといえば、記念碑に書かれているメッセージが極めて奇妙なのだ。

その1部を抜粋すると以下のようになる。

・大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
・新しい生きた言葉で人類を団結させる
・社会的義務で個人的権利の平衡をとる

メッセージは全部で10あり、なんと8つの言語で書き分けられているのだ!その刺激的な文言から「異常者の悪戯だ」とか「最終戦争を暗示している」など、いまネットを中心に様々な憶測が飛び交っている。

ジョージア・ガイドストーンは1980年に「R.C.クリスチャン」という人物によって、6枚の重厚な花崗岩から作られた。総重量は驚くことに100トン以上、制作には莫大な費用と継続的な管理費が必要と思われ、悪戯にしてはあまりに出来過ぎているだろう。しかも不思議なことに現在この記念碑は「エルバート郡の管理下」に置かれている。一体何故?そこでR.C.クリスチャンを色々調べてみると「驚愕の事実」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.