くらし情報『科学的に検証された「2億年後の地球」驚くべき姿』

2018年9月9日 16:00

科学的に検証された「2億年後の地球」驚くべき姿

――500万年~2億年後、地球上にはもはや人類の姿はなく、そこに生きていたのは驚異の生物たちだった。地表のほとんどが氷に覆われた未来の地球上には、クジラ並に巨大化したペンギンや、翼を広げると1.3メートルになる巨大コウモリが空中を飛び交い、強靭な牙で獲物を食い殺している――。

現代社会に生きるわれわれにとっては、にわかに信じられないが、そんな世界がやがてやって来ることを予言した本がある。

『フューチャー・イズ・ワイルド』は、スコットランド生まれのサイエンスライター、ドゥーガル・ディクソンの著書。人類がいなくなった後の未来の地球上の生物を、科学者たちの検証を交えながら、具体的に仮説を組み上げ、CGを用いながら紹介している。

「同書は環境が激変した未来の地球上に、一体どんな生物が生きているのか科学的に検証していて、2003年にはイギリスでテレビ番組も制作されています。日本でも翌年に書籍が発売され、テレビ版もNHK教育『地球ドラマチック』枠内で『オドロキ!これが未来の生き物だ』のタイトルで3回シリーズに編集して放送されました。ここで紹介されている動物は、ただの架空の生き物ではなく、将来的にいつ出現してもおかしくないのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.