くらし情報『立川志らく「信じられない具材」でカレーを作り共演者もネットも賛否』

2018年8月29日 11:27

立川志らく「信じられない具材」でカレーを作り共演者もネットも賛否

立川志らく「信じられない具材」でカレーを作り共演者もネットも賛否

(C)Ollyy / Shutterstock

8月28日に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に落語家の立川志らくが出演。師匠・立川談志の思い出を語りながら、かつて談志が作ったというカレーを再現したが、視聴者はカレーの具材などをめぐり賛否両論が沸き起こっている。

スナックを模したスタジオに「来店」する形でスタジオに入った志らくは、有吉に「立川直伝」のカレーを作るようお願いした。冒頭から志らくは「昔、体を壊してから健康には気を使っている」と発言。有吉から「師匠(立川談志)と同じく?」と聞かれると「師匠は胃カメラを飲んで傷つけてがんになった」と明かし、周囲を笑わせた。

志らくいわく、談志は身の回りにあるものを全て入れてカレーに仕立て上げていたという。残りの弁当やケーキ、シュークリームも全部カレーの材料にしていたと明かし、スタジオをざわつかせた。有吉も「(まるで)残飯カレー」と評すなど、不安げな表情を浮かべた。

結局スタジオでは余った味噌汁をベースに、魚肉ソーセージ、筑前煮を細かく切って鍋に投入。カクテキやシュークリームも足したが、IKKOや『アンタッチャブル』の山崎弘也福地桃子らはぎょっとした表情を浮かべた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.