くらし情報『土屋太鳳と芳根京子が「濃厚キス」しまくり!ドキドキ・ホラー映画『累-かさね-』』

2018年9月8日 10:30

土屋太鳳と芳根京子が「濃厚キス」しまくり!ドキドキ・ホラー映画『累-かさね-』

『累-かさね-』


■ 映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『累-かさね-』

配給/東宝TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開中
監督/佐藤祐市
出演/土屋太鳳芳根京子横山裕檀れい浅野忠信ほか

土屋太鳳芳根京子。ともに近年、NHK朝ドラのヒロインを堂々と務め、国民的人気を誇る若手女優2人の初共演作だが、朝ドラの延長線上のような爽やかな代物ではなく、本格ホラーというあたりに食指が動く。清純派なんてそろそろ卒業しちゃえばいい。

原作は“顔の入れ替わり”による「美醜」をテーマにした松浦だるまの人気コミックス。美しさに翻弄される卑屈で愚かな人間たちの業に迫る異色作で、こういう題材に若手女優がチャレンジする意気やヨシではないか。

題名の“累”、芳根演じるヒロインの名前が淵累(ふち・かさね)から、オールド・ファンなら何度か映画化されている『怪談累が淵』を連想するかも知れない。実際、原作者はインスピレーションを受けたと公言している。そして、土屋もまた、撮影の合間を縫って東京にある“累塚”にお参りし、自らの演技と映画の成功を祈ったという撮影裏話もある。

■ 一言でいえば“エロ怖い”

幼いころより、顔に傷のある醜い容姿ゆえに、元大女優の母親・透世(檀れい

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.