くらし情報『アニメ主題歌「超名曲」の多くが原作者によって産み出されてきた理由』

2018年9月9日 19:30

アニメ主題歌「超名曲」の多くが原作者によって産み出されてきた理由

アニメ主題歌「超名曲」の多くが原作者によって産み出されてきた理由

(C)baranq / Shutterstock

静岡県清水市に住む小学校3年生の女の子の、1975年ごろの日常生活を描いた漫画『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこさんが、8月15日に亡くなった。モデルはさくらさん自身の少女時代だ。

作品のアニメ主題歌である『おどるポンポコリン』は、『B.B.クィーンズ』が歌うオリジナル版がリリースされた後、『E-girls』や『ゴールデンボンバー』などがカバー。30年近く歌い継がれる名曲となっているが、同曲の作詞を手掛けたのがさくらさんだった。

物語で描かれている小学校のモデルも、さくらさんが卒業した同市内の清水入江小学校だが、同校の児童たちは運動会や体育の授業で『おどるポンポコリン』に合わせて準備体操をするのが恒例だという。

■ 作者だから作品の本質がわかっている

原作者がアニメ主題歌を手掛けるケースは意外と多く、名曲が数多く生み出されている。「ゲッゲッ ゲゲゲのゲ~」で始まるアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌の作詞は、原作者の水木しげる氏。アニメ『天才バカボン』の主題歌の1つ『元祖天才バカボンの春』の作詞者も、原作者の赤塚不二夫氏である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.