くらし情報『宮川選手『一転大ピンチ』!?暴力の後に抱きしめる「DVカップル」の指摘』

2018年9月10日 17:30

宮川選手『一転大ピンチ』!?暴力の後に抱きしめる「DVカップル」の指摘

宮川選手『一転大ピンチ』!?暴力の後に抱きしめる「DVカップル」の指摘

(C)Master1305 / Shutterstock

日本体操協会の塚原千恵子強化本部長からパワハラを受けたと告発した、2016年リオ五輪代表の宮川紗江選手が窮地に立たされそうだ。その理由は、宮川選手と元コーチとのただならぬ関係にあるという。

宮川選手に暴力を振るったとして体操協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた元コーチの速見佑斗氏が、9月5日に会見を開いた。会見で速水氏は「私、速見佑斗は宮川選手への度重なる暴力行為によって不快な思いと恐怖を与えてしまったことを深くお詫びします」と謝罪。「気持ちが入っておらず、危険だと思ったときに、たたいてでも分からせないといけないと思った」と、頬の平手打ちやお尻を蹴ったと明かした。

翌6日、速水氏が宮川選手に暴力を振るっている動画が公開された。報道したフジテレビによると、動画は今から3年半ほど前、当時、宮川選手と速見氏が所属していた、埼玉県内の体操クラブの練習場で撮影されたもので、撮影したのは、同じクラブに通っていた関係者だという。

速水氏は宮川選手の体が吹き飛ぶほどの強烈なビンタをくらわしているが、その関係者によると、こうした行為は頻繁に行われており、宮川選手は暴力行為後に流血したり、頭痛を訴えていたこともあったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.