くらし情報『元乃木坂46・市來アナ『黒歴史』を平然と明かして視聴者から批判が続出』

2018年9月10日 11:11

元乃木坂46・市來アナ『黒歴史』を平然と明かして視聴者から批判が続出

元乃木坂46・市來アナ『黒歴史』を平然と明かして視聴者から批判が続出

(C)JackF / PIXTA(ピクスタ)

9月9日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、新人2人を含む同局の女性アナウンサー4人がゲストとして登場。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の新MCを務めることになった元『乃木坂46』の市來玲奈アナウンサーも出演したが、乃木坂46ファンからは批判が相次いでいる。

市來アナウンサーは、新人が初めてのニュース読みに挑む『日テレNEWS24』の放送風景など、新人研修の様子を紹介。この日の放送では当初、アイドル出身であることには触れず番組が進行していったが、途中にMCの上田晋也が『乃木坂46』時代の話を振った。

番組では、市來アナウンサーが17歳当時、制服姿で乃木坂のコンサートに臨んでいたVTRを放送。白石麻衣、秋元真夏、高山一実ら当時の同僚とは「会社(日本テレビ)で会いました」と市來アナウンサーが明かすなど、アイドル時代の話に関してもオープンだった。

市來アナウンサーは乃木坂での活動以外にも、選手として社交ダンスにも励んでいたことを明かした。「日本代表選手として(世界大会に)派遣していただいたこともある」と市來アナウンサーが話すと、上田が「そんなに幅広く活動しているのは板東英二さんぐらいしかいないね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.