くらし情報『『過保護のカホコ』SPのラストシーンに「気持ち悪い…」とドン引きの声』

2018年9月20日 11:00

『過保護のカホコ』SPのラストシーンに「気持ち悪い…」とドン引きの声

高畑充希

(C)まいじつ

9月19日にスペシャルドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が放送された。通常のドラマ版で好評を博し、スペシャルで1年ぶりのドラマ放送が実現したが、ドラマ終盤のシーンで高畑充希が演じたシーンが「フィクションといえどあり得ない」とクレームが飛び交う展開となった。

スペシャルでは結婚した加穂子(高畑)が父・根本正高(時任三郎)や母・泉(黒木瞳)のもとから旅立ち、麦野初(竹内涼真)と結婚生活を送る姿が映された。立ち上げた児童保育所に勤めながら麦野家での生活を送るが、根本家、麦野家ともにゴタゴタが勃発。正高と泉には離婚危機に瀕したが無事解決し、ドラマ最後には加穂子が双子を出産。それぞれが家族として成長していく姿が描かれた。

■ 高畑充希、職場に乗り込み2分間の長ゼリフ

ドラマは評判だったが、加穂子はドラマ終盤、初の職場に乗り込むシーンが話題となった。画家として大成したいと望んでいた初は誘いを受け一般企業に入ったが、加穂子は上司に「就職を辞退させてくれないか」と直談判。夫・初の制止を振り切り、約2分にわたる長ゼリフで上司を説得し、初に画家として活動するよう促した。

レギュラードラマ版で加穂子は父母から厚い過保護を受けていたが、スペシャル版では竹内演じる初に対して「過保護」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.